LESSON 5- フルーツ

本日のレッスンのメインは『フルーツ』でした❤リンゴ、オレンジ、バナナ、メロン、ピーチ。どれも日本語として耳慣れた言葉ばかりです♥

f:id:ms-chucky:20190518185414p:plain

 

 お買いもの用のバスケット(紙に描かれたイラスト)に

『👱Oh, I like red fruits! - 赤い果物好きだわ』

『👱I like yellow fruits, too! - 黄色い果物もすきだわ』

とフルーツ入れる真似しているのを見て、子どもたちからは

『👦リンゴだりんご!』

『👧あっ!わかった。今バナナいれたでしょ?!』

と声が次々とあがります。

最高のリアクション!すばらしい集中力!!

レッスンスタートしてまだ4~5回目なのに。ご家庭でのサポートも大きな力となっていると思います💪今日のレッスンも充実した40分となりました❤

TPR

今日のTPRは、さらに新しいコマンド【指示】を追加しました。

『Pinch-つまんで』

『Open:オープン-開けて』

『Close:クロウズ-閉めて』

f:id:ms-chucky:20190520161734j:plain

閉じて:クロウズ!開いて:オープン!

👱Pinch your nose⇒👦👧鼻をつまむ

👱Pinch your ears⇒👦👧両耳つまむ

👱Close your eyes⇒👦👧目を閉じて

👱Open your eyes⇒👦👧目を開けて

👱Open your mouth⇒👦👧口を開けて

👱Close your mouth⇒👦👧口を閉じて

前回のレッスンではTouch-タッチして!の時、【頭、肩、お腹、おしり】を一緒に覚えました。今日は顔の中にある【目、鼻、口、耳】パーツも一緒に紹介しました。

 

鼻をつまんだり、口をつまんだりの辺りで笑い声が上がっていました😆

 

今後のレッスンでも運動として繰り返しトレーニングしていきます。【動き】と【体や顔のパーツ】自然に覚えてくれるはずです❤子どもたちの成長、楽しみにしていてください😃

 

ある男の子が『👦おしりはヒップじゃないの?』という質問をしてくれました。LESSON 4 でも書きましたが、(詳しくはLESSON 4見てください)

 ヒップは突き出た「腰の横側」。子どもたちが『おしり』と呼んでいる部分は、英語で『Bottom 発音:ボトム』と呼びます。

こういう質問が幼児さんができるのも、素晴らしい❤うれしいです。

メイン【FRUITS -フルーツ】

本日のレッスンのメインは『フルーツ』でした❤リンゴ、オレンジ、バナナ、メロン、ピーチ。どれも日本語として耳慣れた言葉ばかりです🎵

 

フルーツはそれぞれ魅力的な色をしています。

 

色を言えるようになっている子も多いので、今日は最初に『👱What's this?-これは何?』と『👱What color is this?-これは何色?』の質問をしっかり聞き分けて、答えてもらうよう、トレーニングしました😄リスニング〈聞き取り〉もよく出来ていました👌

日本のみかんは英語でいうと?

f:id:ms-chucky:20190520162034p:plain

日本のみかんはタンジェリン


私たちの身近にある【みかん】は英語では、オレンジとは違う言い方があります。丸くて包丁で切るのは『Oreange:オレンジ』。手でむける日本のみかんは『Tangerine:タンジェリン』といいます。冬になったら季節の言葉として、タンジェリンあらためて紹介する予定です😉

ゲーム - フルーツバスケット

今日はメインで学習した【フルーツ】を使ってゲームしました。集団あそびの代表、フルーツバスケットです。簡単にいえば『椅子取りゲーム』。体を動かす遊びです❤

 

ゲームの前にこどもたちにはフルーツのミニカードを一人ひとりに配ります。

カードは渡す時『Here you are-はいどうぞ』もらった子どもは『Thank you』。トレーニングのため、見本をしっかり聞いてもらいます。

👱Here you are ⇒👦Thank you

👱Here you are ⇒👧Thank you

👱Here you are ⇒👦Thank you

年中さんの中には、まだ『フルーツバスケット』のルールを知らないお子さんもいます。なので、周りの動きや先生の声を聞きながらゲームルールをつかんでいきます。数回くりかえすうちに、ゲームのコツをつかんでくれました。

椅子に座れなかったお子さんには、好きなフルーツを言ってもらうのが、バツゲーム。

お子さんが大きな声で『アッポー』と言えば、リンゴのミニカードを持っているお子さんは一斉に立ち上がり、自分の椅子以外の空いている椅子を探し座ります。

『バナ~ナ』と言ったら、バナナのミニカードもったお子さまだけ『メロン&ピーチ』と言ったらメロンとピーチの子が席取りのためダッシュ!走ります。

f:id:ms-chucky:20190518230317j:plain

自分のフルーツが呼ばれると一斉に駆けだす


このゲームで一番盛り上がるのは『フルーツバスケット!』の声で、クラス全員が立ち上がって、空いている席にダッシュする時です。

 

ゲームが終わりミニカードを先生に返してもらいます。今度は子どもたちが『Here you are.』いう番です。

👦Here you are ⇒👱Thank you

👧Here you are ⇒👱Thank you

👦Here you are ⇒👱Thank you

 

年中さんには難しいかな~と思ったのですが、みんな上手に『Here you are』言えました。

f:id:ms-chucky:20190518185414p:plain

みんな大好き『フルーツバスケット



サンキューを言えなかった子

ありがとうーThank you の『サ』は日本語の『さ』とは、少し違います。簡単なようで実は、発音が難しい単語の一つです。舌を上の歯の裏につけてス~という息にも近いー日本語にはない音なのです。

 

大人は『Th』の発音に近い『さ』に無意識におきかえて発音します。それは【日本語英語】と呼ばれたりします。耳のよい幼いお子さまですと『Th』の発音初めて聞くと、驚いたり、『???』と言葉に詰まってしまうお子さまも時々います。

 

今まで聞いた事ない音だ!どうしよう…と、戸惑ってしまうのです。

f:id:ms-chucky:20190518220909j:plain

『Th』を『さ』と言えないお子さまも

以前、親子で一緒に参加してもらう無料体験の席で、子どもたちにプレゼントを渡した時のこと。『Here you are. Can you say “Thank you?”』とお子さんに語りかけかけると、一人どうしても『サンキュ』と言えないお子さんがいました。ママは『どうしたの?サンキューよサンキュー言えるでしょ?』と、お子さんにうながしているのですが、そのお子さんはじーっと耳をすまし、首を傾げるのです。

『〇〇ちゃんは、th の音が【さ】の音とは、少し違うと気が付いたみたいですね。とても耳のよいお子さんです❤️』と伝えしました。日本語の近い音に置き換えるおこさんもいますが、先生の声をよく聞き、同じ音を出そうと挑戦するお子さんも多いのです。

 

私たちが思っているよりずっと、幼い子どもは【語学の天才】

この仕事初めてから、こんな風に感じることがとても多くなりました。

お歌 - The new song

新しいお歌は『Apples & Bananas』

I like eat eat eat Apples and Bananas~シンプルなフレーズの繰り返しで、簡単に歌う事ができます。

eat, eat, eat~の部分では、パクパク食べるジェスチャーをします。エアアップルやエアバナナをホントに美味しそうに食べる子どもたち❤ 子どもは想像力だけで味も感じる事ができるのかもしれません。次回も同じ歌を歌います。お楽しみに。

 

今日も、いいレッスンでした❤

また来週、子どもたちに会うのが今から楽しみです。

では、また来週。

See you next week!